© トオイダイスケ 2012 - 2017 All rights reserved.
※このテキストは、某30回連載企画の文章部分に 当初寄稿する予定だったものです。 連載のコンセプトを途中で変更したため、全く別 の原稿をその企画には発表しました。 本来”没”とした原稿を発表するのはほめられた ことではないと思いますが、1年経って読み直し てみるとぼく自身の好きなものや好きなことが比 較的率直に書かれていたので、プロフィールのか わりにウェブサイト上に置いておくのは悪くない かなと思いました。よろしくお願いいたします。 ※原稿のテキストデータをそのままコピペしたの で、日付が振ってありますが他意はありません。 9/1分 * 緑色の多く映っているテレビ番組を観るのが好き だ(競馬中継、ゴルフ中継、非都市部への旅行番 組など)。眼が休まる気がするし、東京に住んで いるとわざわざ時間をとってそういう場所に出か けないとまとまった量の緑色を目にすることが難 しいからだ。競馬やゴルフの番組が好きでよく観 ていた祖父の影響かもしれない。 9/2分 * 自宅から目白駅まで歩くのが好きだ。目白駅は自 宅の最寄駅ではないが、歩くのが一番楽しい道の りだと思っている。足利市の中心部に雰囲気が似 ている気がするからかもしれない。グーグルマッ プで調べた結果、地元に住んでいたときの実家か らジャスコまでの距離と同じと分かり、身体感覚 的により楽しくなった。 9/3分 * 中心市街地に川が複数ある街が好きだ。小さい川 がいくつも、南北方向に流れていた地域に生まれ 育ったからかもしれない。今のところいちばん好 きなのは盛岡市。 9/4分 * くたくたになったタオルケットが好きだ。それに 包まれて心地よく寝ることができるし、3歳の頃 からくたくたのハンカチが好きで肌身離さず持ち 歩いていたから仕方ない。洗いたてのときは一刻 も早くくたくたにしたくて、火浦功『ハードボイ ルドで行こう』(角川文庫)の辰吉がトレンチコ ートをよれよれにしたくて着たまま寝る、という のを思い出しながら寝る。 9/5分 * 寝起きに菓子パンを一つ平らげることが好きだ (身体によくなさそうなのでやめたい)。 目が覚める(というか、これをしないと猛烈に 寝起きが悪い)し、これも小さい頃からの習慣 でもあった(朝食の菓子パン率が高かった気が する。他のおかずももちろんあったが)。特に 好きなパンはナイススティックかアップルパイ (ヤマザキ)かミニスナックゴールド。 9/6分 * メモパッドに用件や考えたことを書くのが好き だ。それらを切り離してパソコンの周りに散ら すように置いておけばいつも目に見えて忘れな いからだ。書いたことが実行される確率は1割 程度だが。 9/7分 * windows上でメモ帳とThunderbirdとChromeと全 て立ち上げっぱなしにしつつ、どれも全画面表 示にはしないでデスクトップが見える状態にな っているのが好きだ。昨日のメモを散らすのと 同じで、たくさんの情報が全て(ほんのりとで も)目に見えている状態に安心感を覚えるから だ(立ち上げていないと不安、と言ったほうが 正確)。これでもタブ表示を覚えたので前より は隙間のある画面になった(前はサイトごとに ウインドウをたくさん立ち上げていたし、デス クトップ上はもちろんアイコンだらけだ)。 9/8分 * ピアノの練習の最初にモーツァルトのピアノソ ナタ第15番K.545を弾くのが好きだ。寝起きに 菓子パンを平らげるような甘やかさと力が満ち ていくような気持になる。余談だが、「週刊俳 句」の2016年の新年詠の拙句の「曲」はこれの ことだ。 9/9分 * 平泳ぎで泳ぐのが好きだ。子どもの頃は25m泳 ぐのもやっとだったが、30歳を過ぎて家の近所 の区営プールで平泳ぎで1000m近くまで泳げる ようになった。長く泳げるようになった我流の コツは、息を思い切り吸おうとするのでなく、 思い切り吐ききること。 9/10分 * テレビ局の放送終了の映像を観るのが好きだ。 だいたいが幻想的で不思議な音楽が付いてい て、寝るどころではない気持ちにさせられる からだ(もっとも今は民放ではほぼそういう ものは観られない)。いちばん好きな映像は 1980年代の東北放送のもの。 9/11分 * 地方都市で発行されている情報誌が好きだ。 かしこまってなくて、その街や地域の写真 や地図がいっぱい載っているから。90年代に 栃木県足利市で手に入ったものが特に好き だったが誌名が思い出せない。 9/12分 * 家族が買ってくる(手に入れてくる)雑誌を 読むのが好きだ。自力では読んでみようと思 わないことが一番抵抗なく知れる。実家にい た頃は「ビッグコミックオリジナル」「JAF MATE」をよく読んでいた。 9/13分 * 「元気寿司」の湯呑が好きだ。元気寿司は 栃木県に本社のある回転寿司チェーンで、 地元にいた頃に食べに行って何かのキャン ペーンでもらったのだと思う。程よく大き くあの顔のロゴが大きく少し斜めに描かれ ていて、手にも目にも心地よい。 9/14分 * 氷を入れた水が好きだ。二個では冷えない 気がして不安で仕方ないので、三個以上入 れたい。その一方でかき氷に対する欲求は かなり薄いほうである気がする。 9/15分 * 修正液が好きだ。言い換えれば修正テープ が好きではない。曲線的でないからだと思 う(「浦沢直樹の漫勉」で藤田和日郎さん が原稿を描くところを観て、幸せな気持ち になった)。 9/16分 * 楽譜の音符の玉が小さいほうが好きだ。自 分としてはそのほうが読み易く感じるのと、 玉が大きいと何となく軽快でない気分にな る(演奏する曲によっては、そのほうがい い場合もある気はする)。老眼になっても そう思うままでいるのだろうか。 9/17分 * 280gのジュースの缶が好きだ。形が樽みた いで、量が多くはないのに持ち重りがする 気がして安心する。ミニッツメイドのアロ エ&白ぶどうが特に気に入っている。 9/18分 * あまり多くない両数の編成の電車が好きだ (1両や2両ではない。5両編成でも多く見 える。事実上3両か4両)。これは生まれ育 ったところの路線がそうだったので仕方が ない。地元以外の電車で好きなのは飯坂電車。 9/19分 * 酪王カフェオレが好きだ。ふんわりとして いるが曖昧でない絶妙な甘さでいつ飲んで も幸せな気持ちになるが、自分の普段の行 動だとJR秋葉原駅5番線のミルクスタンド でしか飲めない(福島に行ったときはコン ビニに500ml紙パックのものがあって興奮 した)。瓶に「ふくしま」という文字が浮 き上がっているのもかわいい。 9/20分 * らくがき帳が好きだ。これはつまるところ、 大きなメモパッドであるからだ。いろいろ なことを書いてもやはりそう見返さないが、 ノートよりは使い切る確率ははるかに高い。 9/21分 * アンソロジーが好きだ。いいとこ取りのつ まみ食いが好きな性格なのだろう。しかし 誰かの作品で一冊(一枚)素晴らしいもの を手にすると、その人の他の作品を見たく (聴きたく)ない、これだけがいい、みた いに思ってしまう癖もあるから勝手だ。 9/22分 * 自分が住んでいない地方のラジオ局の番組 を聴くのが好きだ。しかし以前はそんなこ とはできなかったので、「FMステーション」 に載る全国の局の番組表を読んでは、どん な声の人が出ている、どんな曲がかかる、 どんな情報が話される番組か妄想していた。 震災直後はDate FMの「Crescendo」を、 最近はFMとやまの「grace」をよく聴いてい る。 9/23分 * 人口30万人くらいの都市(と言うか、正確に 言えば、人口40〜50万人くらいの都市雇用圏 の中心市程度の規模、DIDが25万人前後の都市) が好きだ(俗に言う「衛星都市」は特別好き ではない)。市街地のいろいろな機能を徒歩 圏内で味わえる規模や、郊外や海や山間部と の距離感が好きなのだろうか。栃木県や両毛 地域にはその規模の市町村はない(もっと大 きな宇都宮、もっと小さなその他の都市)か ら、憧れがあるのかもしれない。 9/24分 * 楽器の音が織物やミルフィーユのようにたく さん重なって鳴っていると感じられる音楽が 好きだ。と言ってもオーケストラのことでは ない(自分が感じるオーケストラの魅力はそ の感じではない)。こう書きながら脳裏に浮 かぶのは Joni Mitchel の「Help Me」。 9/25分 * シャドーロールを着けられた馬が好きだ(今 はあまり見ない気がするが)。自分が競馬を 見始めた頃の最強馬がナリタブライアンだっ たので仕方ない(ナリタブライアンが強くな ってからもシャドーロールを外さなかった、 というのもいい)。シャドーロール着用馬で 個人的に好きなのはイシノサンデー(橙)と タイキブリザード(緑)。 9/26分 * サッカーのポジションのボランチやアンカー が好きだ。守りと攻めとの中間にいて人や状 況を繋ぐ、かつ揺らがせることもできる存在 だから(時折自分でドリブルして前線に攻め 上がるとなお良い)。バンドの中のベースは ボランチやアンカーの役割でありたい、と個 人的には思うのだが、同意しない人のほうが 多い気がする(ベースはゴールキーパー、と 言う人が多い。私の考えの中にはゴールキー パーがいないのかもしれない)。 9/27分 * 発言が断片的にたくさん、いろいろな角度や 話題から書かれているような本や文章が好き だ。と言うと今ひとつ正確ではないが、名言 集の類ではない。例えば武田百合子『日々雑 記』(中公文庫)とか、西脇順三郎の詩につ いての文章とか、吉田健一『埋れ木』(河出 文庫)とか。 9/28分 * 明け方の街が好きだ。静けさと、これから明 るくなるというあの穏やかで前向きな気分が。 昔やっていたトヨタのカレンという車のCMが その雰囲気にあふれていてとても好きだった。 9/29分 * 新書サイズの本が好きだ。手に持って文庫よ りも何故か重くなく感じるのと、幼い頃持ち 歩いていた辞書(B6変形判、だったのだろう か?)の大きさに似ているから落ち着くのか もしれない。句集を出すことがもしあれば新 書サイズの一頁一句組もいいな、とも思って いる。 9/30分 * 高速道路のサービスエリア、パーキングエリ アが好きだ。これからどこかへ行こう(帰ろ う)としている、いろいろな境遇にある人た ちが一時的に休憩していくという環境がとて も開放的かつ安らかに思える。自分は車を運 転しないので自力でそこに行けないのが残念 だ(サービスエリア、パーキングエリアに勤 めて、そういう人たちを朝から夜中まで眺め てみたい気持ちが今でもある)。 back to TOP